2008年07月30日

When in Rome 日本版到着!!

WIR_OBI.jpg

昨日HMVから出荷メールが来ていたので、到着は明日かなと思っていたら、もう今日DVDが到着。日本版には写真のようなオビと、中には赤岩和美氏の解説と、歌詞&翻訳(これは過去のCDからの転載なので新訳ではない)が入っていた。字幕は日本語ばっちり入ってます。

ただ、字幕に関してはメニューのつくりを見ると、最初から日本語字幕も用意されていたのかもしれない。ネットでは「南米版の輸入版に日本語字幕が入っている」という書き込みがあったので、ソースは全世界共通なのかもしれません。(南米版の件は私は確認してませんのであしからず)

いろいろてんこ盛りなので、まだ全部見たわけではないけど、ちゃんとテレビの画面でライブが見られるのは、最高ですね。


続きを読む
posted by Holy Knebworth at 22:37| Comment(7) | TrackBack(0) | Live Video/DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

Genesis最後のBOX発売は10月6日!?

待望の、最後のBOX(1970-1975)の発売日は、10月6日となった模様。ジェネシスのオフィシャルフォーラムに書き込みがあった。ただ、オフィシャルの書き込みではなく、ファンの書き込みのようなので、まだ変更はあるかも。でも、もうそろそろ出てもいい頃なので、期待したいですね。

同時に、収録コンテンツについても、かなり詳細な情報がアップされていた。

続きを読む
posted by Holy Knebworth at 21:41| Comment(4) | TrackBack(0) | Album | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

トニー・バンクスの1st.ソロアルバムと、あのライブ映像が 5.1リマスターされる!?

World of GenesisのNewsコーナーの記事によると、ニック・デイビスが、トニー・バンクスのファーストソロアルバム、 A Curious Feelingの5.1chリミックスをやると発言したそうだ。ジェネシスのオフィシャルフォーラムでの発言とのことなので、元の発言を探してみた。

多分、下記がその部分の書き込みだと思う。これは、「メンバーのソロのリマスターは?」という質問に答えたもの。

tony has mentioned to me that he would like to do a curious feeling at some point. i haven't anything about the other material.maybe one of the live dvd's (mama or 3 sides) will be next, though i'm not sure when.
トニーには、いつかcurious feelingをやりたいって言われたよ。他の作品については何も企画はないね。多分、ライブDVD(mamaか3sides)を次にやるから、いつのことになるかわからないけど。

何とびっくり! A Curious Feelingの5.1化もうれしいけど、「その前にMAMAか3Sides LiveのDVD化を次にやることになる」と明言してるではないか!! これはどちらもDVD化されてない作品なので、ぜひリリースしてもらいたいもの。この映像作品のDVDリリースについての関係者のコメントは初めて見た。いやあ、うれしいですねえ。是非ニックには頑張って欲しいものだ。
posted by Holy Knebworth at 21:28| Comment(3) | TrackBack(0) | Members' Solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

すんごいトリビュートバンド発見!

ジェネシスのトリビュートバンドは数あれど、このバンドにはびっくりした。その名はTurn It On Again。カナダで活動するバンドらしいのだが、まずはこのビデオをどうぞ。



まず、フィル役の人の声がよく似ている。トリビュートバンドは、演奏がどんなに完璧でも、やっぱりボーカルの声が勝負である。その点、このボーカルはフィルに声質がとてもよく似ている。さらに、数は少ないながらもステージにバリライトまで持ち込んで、Three Sides Liveのころのライティングまで再現しちゃっているのだ!



このAfterglowの完璧ぶりは、ちょっと涙モノ。しかも、このボーカル氏、ドラムまできっちりたたいているという、まさに成りきり状態。
続きを読む
posted by Holy Knebworth at 21:47| Comment(3) | TrackBack(0) | Tribute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。